実はブラックだった!?ちびまる子ちゃん都市伝説…

SnapCrab_NoName_2014-12-1_17-53-49_No-00

ゆっくりと消えた友達『ゆみこちゃん』

ちびまる子ちゃんの友達と言えば、真っ先に思い浮かぶのは三つ編みにメガネが特徴の「たまちゃん」が思い浮かぶ。現在アニメでもよく二人で行動しているのを確認できるだろう。

しかし当初は、「たまちゃん」と二人でいることは少なかった。そこにもう一人、「ゆみこちゃん」というキャラクターがいたのである。

初期の頃はゆみこちゃん、たまちゃん、まるちゃんの三人でいることが多かったのだが、彼女はゆっくりとその登場回数を減らしていき、いつの間にか登場すること自体がなくなってしまった。

ここで蛇足だが、ちびまる子ちゃんに登場するキャラクターは実在する人物がモデルになっていることが多い。さくら一家やたまちゃんもモデルになっている人物がいるのだ。

さて、ここで「ゆみこちゃん」の話に戻るが、彼女にもモデルとなった人物が存在している。ゆみこちゃんがゆっくりとフィードアウトしていったのは、そのモデルになった人物が関係しているとの都市伝説がある。

その都市伝説の内容は、「ゆみこちゃん」のモデルになった人物が自殺してしまったらしく、そのためにアニメ等から消えてしまったらしい。ちなみに彼女が最後に登場した回のアニメ放送では、バイバイという別れの挨拶が最後の台詞だったという。

ちなみにゆみこちゃんには関係ないが、同じくふっと消えてしまったキャラクターがいるのをご存知だろうか?

その名を「えびすくん」というのだが、彼もいつのまにか消えてしまったキャラクターだ。まるちゃんのクラスメイトだった彼は、モデルになった人物が警察のご厄介になったことでその存在を消されてしまったのだとか。

 

優しきおじいちゃん、友蔵の呪い

友蔵といえば優しげな風貌の通り、まるちゃんにとても優しく接する人の良いおじいちゃんだが、彼にはファンの間で密やかに噂される『友蔵の呪い』というものが存在している。その内容は「友蔵の声優は数年で亡くなる」というものである。

正直あまり気持ちの良い冗談ではないと思うが、しかし実際に友蔵の声優を務めた方が亡くなっているのも事実なのだ。

偶然では、と思う人も多いかもしれないが、よくアニメを観てもらえばわかるだろうが声優の交代は一度ではないのである。

友蔵の声を務めた声優さんがキャラクターも相まって年配の方ばかりだったというのも、もしかしたら理由にあるのかもしれないが、それにしても二度も続けば都市伝説と呼ばれるのも頷けるだろう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ