猫の都市伝説6選!猫好きなら知っている?不思議な都市伝説!

猫の都市伝説6選!猫好きなら知っている?不思議な都市伝説!

犬と並び、古くから人類の友として身近なところに存在する可愛い生きもの・猫。ペットの需要が増え、猫の飼育数も多くなっている。ところで、猫に関する不思議な話や都市伝説にはどんなものがあるのだろうか。

猫の都市伝説①:猫は死ぬ前になると姿を見せなくなる

有名な説で、買い猫が急にいなくなったときに親に言われたことがある人もいるだろう。

実際に猫がいなくなるのは、なわばりを確認しているときに何かあったり迷子になったりして戻ってこられなくなった可能性もあるが、死期を悟ってという説もある。

現代のように完全室内飼いの環境だとそういうことはないだろうが、体調を崩した猫は、敵に見つからないように人気のない場所に姿を隠していたのだろう。

スポンサーリンク

そのままそこで死んでしまうことも多かったのかもしれない。

また、都市伝説とは反対に、飼い主によく懐いている飼い猫は、体調が悪いと以前より甘えてくることが多いそうなので、愛猫の様子にはよく気をつけていたいものだ。

猫の都市伝説②:猫は霊感が強く幽霊を見られる

猫が何もない壁や天井の一部をじっと見ていて、不思議に思ったことがある人もいるだろう。

猫には霊的な力があるために幽霊などを見ることができると言われている。

実際に幽霊が存在するかはともかく、猫は人間より感覚が優れているので、ヒトには聞こえない音などを拾っているのかもしれない。

マンションだと、上階の人の小さな音に反応している可能性もあるし、戸建てなら屋根の上の小さな音を聞いているのかもしれない。

また、地震の前などは落ち着きがなくなって、高いところへ登ったりすることもある。

猫の行動はまだ研究され尽くしていないところもあるが、人間にはない感覚が備わっているのは間違いないだろう。

猫の都市伝説6選!猫好きなら知っている?不思議な都市伝説!

スポンサーリンク

猫の都市伝説③:猫は死後も飼い主のそばに現れる

愛猫を亡くし、ペットロスに陥る人も多いだろう。

そういった人の何割かは、死後も愛猫の気配や鳴き声を感じたことがあるという。

写真に写ったりすることもあるそうだ。

猫は霊界に近い存在とされたり、魔力があると言われることもあるが、飼い主の悲しみに寄り添おうとしているのかもしれない。

真偽は不明だが、不思議な体験がペットロスの悲しみを癒すこともあるようだ。

猫の都市伝説④:猫は死後虹の橋へ行く

猫を飼っている人なら一度は耳にしたことがあるかもしれない。

この虹の橋のもとで、亡くなった猫たちは飼い主がやってくるのを待っているという。

この虹の橋の向こうには天国があり、ペットたちは飼い主とともに渡るのを待っているのだそうだ。

また、野良だった猫や傷ついた猫もこの場所で癒されて幸せになるという話である。

恐ろしくて不気味な都市伝説というよりは、だいじなものを亡くした悲しみを癒してくれる温かい話である。

猫の都市伝説6選!猫好きなら知っている?不思議な都市伝説!

猫の都市伝説⑤:黒猫が横切るのは災いの前兆」か「幸運のしるし」か

今では可愛いペットとして愛されている猫だが、不吉な生き物と見られることもあった。

魔女が信じられていた時代に、迫害されていたこともある。

黒猫が横切ると悪いことが起こるというジンクスもある。

イタリアでは現在でも不吉な存在とされている。

しかし、日本ではその逆に「黒猫を飼うと病が治る」「黒猫は幸運の象徴」という説もある。

スポンサーリンク

新選組の沖田総司が黒猫を飼っていた話も知られている。

日本では昔から、福をもたらす猫と信じられて可愛がられていたそうだ。

いっぽう、現代では「インスタ映えしないから」と敬遠されたりして保護されてもなかなか貰い手がつかないことがあるという。

人間の都合に振り回されることなく、すべての猫が幸せになってほしいものだ。

猫の都市伝説⑥:猫はペットボトルが苦手?

一時期、猫よけにと家の周りに水の入ったペットボトルをたくさん置いた家を見かけることがよくあった。

花壇や畑や車庫の周りにぐるりと並べると猫がいやがって来ないと言われ、糞害に困っている人がよくやっていた。

が、実際には猫が水入りペットボトルを恐れることはないそうで、テレビ番組で検証されてからは置く人も減ってきているそう。

反対に温まったペットボトルに身を寄せている猫もいるので、猫よけにはならないということだろう。

猫の都市伝説6選!猫好きなら知っている?不思議な都市伝説!

猫の都市伝説:番外編

もしかしたら一度は聞いたことがあるかもしれない話だが、「海外で猫をレンジに入れて死亡させた事例があり、それがもとで電子レンジの注意書きに『猫などをレンジに入れないこと』と書かれるようになった」というものをご存知ではないだろうか。

いかにも子どもがやってしまいそうなことであるが、猫をレンジに入れたのはお年寄りである。

濡れていたのを乾かそうとしたらしい。

アメリカの話だったので、おばあさんはこの件で訴訟を起こし、勝訴した。

裁判に負けたメーカーは賠償金を支払って、取扱説明書に注意書きを足した。

……とまことしやかに伝えられているが、事実であるという証拠はないとのこと。ブラックジョークとして考えられたものが拡散したともいわれている。

まとめ

猫に関する都市伝説は数多くあるが、それだけ猫は人間を惹きつける生き物だということだろう。これからもたくさんの都市伝説が生まれるのではないだろうか。

他にこんな記事も読まれています

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ