杉沢村にまつわる都市伝説!地図に存在しない村の真実…

SnapCrab_NoName_2015-1-4_12-57-59_No-00

記録から消えた村の存在

杉沢村は青森県の山の奥にあったといわれており、その存在自体が都市伝説といわれている。

というのも、現在では地図上からも消え、青森県にある公式の記録の中にも該当するものが存在しないからである。

では何故その存在を抹消されてしまったのかというと、杉沢村でとある事件が起きたからである。これは昭和初期頃の話だ。

突然、ある日ひとりの村人が発狂して手斧を使用して一帯に住んでいた全員殺し、自身の命も絶ってしまったのだ。村には誰もいなくなり、そうして廃村となったのである。

その後、自治体がこの事件を覆い隠そうとして地図や公式記録から杉沢村の名前が消されたといわれている。

しかし事件についてどれだけ記録を抹消しても、人の記憶というのは消せないもので、事件について知っていた老人がいたことで、他の者にもその存在が知れわたったらしい。

こうした都市伝説として広まり始めたのは2000年に入った頃で、この頃から肝試しのような感覚で杉沢村に訪れる者が現れ始めたらしいが、その誰もが帰って来なかったために、さらに都市伝説として有名になったのである。

これによりテレビ局が取材に入ったものの、結局都市伝説については何もわからず、時空のゆがみの中に存在するため、消えたり現れたりする村なのだということになった。

杉沢村は、そこに向かう途中の道路に「ここから先へ立ち入る者 命の保証はない」という看板があり、村の入り口には朽ちかけた鳥居がある。

そしてその根元にはどくろのような形をした石が置かれており、そのさらに奥に進むと、そこに住んでいたと思われる朽ちた住居があり、中には血痕のようなものが見られるらしい。

杉沢村は記録から抹消されているものの、実際に青森県に存在していたといわれている。

ただ名前が「小杉村」となっており、その辺り一帯のことを「杉沢村」と呼んでいたらしいのである。

また、廃村になったのは上記したような事件が起きたからではなく、過疎化によって定住する者がいなくなったために隣村と合併したらしい。

つまり実に平和的に村はなくなり、殺人事件があったという事実はないのである。

だが逆に、殺人事件を隠すために巧妙な情報操作が行われたという可能性もあり、この都市伝説については未だに謎が多いのである。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ