マジで怖い!道路標識に隠された本当の意味…

SnapCrab_NoName_2014-12-7_11-37-23_No-00

我々が普段日常のなかで目にしている道路標識には、それぞれ規制や危険に対しての注意を呼びかけるメッセージが分かりやすく表されている。例えば街中に設置されている「法定速度」「駐車禁止」などが良い例だろう。

また、交通量の多い街中だけに設置されているわけではない。交通量の少ない峠道や山道にも、崖崩れや雪崩への注意を促す内容のものが度々見られる。

そんな日本全国の至る場所に存在している標識だが、その裏には本来の意味からは想像も付かない恐ろしい意味が隠されているという説が囁かれている。

 

「!」が警告をするものは…

SnapCrab_NoName_2014-12-7_11-39-30_No-00

この「!」マークは通称エクスクラメーションマークと呼ばれるマークだ。道路交通法においてこのマークが表すのは「その他の危険」という意味である。

危険の内容を示すために、設置の際には必ず白い長方形の補助標識が近くに取り付けられる。しかし、場所によっては補助標識が取り付けられていない場所もあるのだという。

噂によればエクスクラメーションマークのみが設置されている場所は、交通や道路状況には全く関係のない原因の事故が多発しているのだそうだ。つまり、心霊現象が原因である。

存在を公には認められないものが原因で不可解な事故が多発するスポットは、恐らく全国には何ヵ所もあることだろう。しかし、だからといって堂々と「心霊現象多発」などと書ける筈もない。

そこで、取られたのが補助となる文章は使わずにエクスクラメーションマークのみを設置するという方法だ。

つまり、エクスクラメーションマークが持つ「その他の危険」という意味の中には「幽霊が出没する」や「原因不明の怪奇現象が多発する」といった危険も含まれているという。

 

歩行者専用道路

SnapCrab_NoName_2014-12-7_11-41-42_No-00

交通標識の中に「歩行者専用道路」という名称のものが存在する。これは街中や歩行者が多いような場所でよく見られるものである。

そのデザインには、成人男性と女の子が手を繋いであるいている図が表されている。しかし、このデザインに対して何かしらの違和感を抱いたことのある人も多いのではないだろうか。

1つ目の違和感は、何故一般的に街中で見られる母親と子どもの二人組ではなく、あまり見掛けないような男性と女の子の組み合わせなのだろうかということだ。

父親と娘が共に外出する機会よりも、母親と娘が買い物などのために一緒に外出する機会の方が多いと考えるのが普通だろう。

そして2つ目の違和感は、男性が女の子と繋いでいる側の腕に不自然なうねりが生じているということ。

そして3つ目の違和感が、男性と手を繋ぐ女の子が逃げ腰に見えるということだ。

以上の3点の違和感の真相を述べているとも言われる都市伝説によると、この標識のデザインが一般募集された際、カメラマンが撮影した1枚の写真が起用された。

しかし、この写真に写っていたのは恐ろしいことに誘拐犯が少女を連れ去っている様子だったのだという。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ