風の谷のナウシカ都市伝説!人造人間や続編にまつわる裏話

 SnapCrab_NoName_2014-12-1_0-56-7_No-00

続編の制作が決まっている

風の谷のナウシカは知っている方も多い通り、原作の途中で映画は終わりを迎えている。そして途中で終わっているために、都市伝説で「続編がひそかに制作されている」といわれているのである。

続編は風の谷のナウシカが終わった数年、成長したナウシカが主役の物語で、新しく登場するキャラクターの声優に木村拓哉の名前が挙がっているという噂がある。

しかし今のところそういった発表はないため、眉唾物の都市伝説といえるだろう。

 

ナウシカは人造人間だった

風の谷のナウシカの舞台は「火の7日間」という凄惨な戦争があり、その1000年後の世界だと言われているのだが、この「火の7日間」という戦争では核が使用されており、その時に人類はほとんどが死滅してしまったといわれているのだ。

そしてごくわずかに残った人類は地下シェルターに逃げ込んで助かったのだが、地上は人間が住めるような世界ではなくなっていたのである。

そこで、世界を浄化するために王蟲などの「蟲」が作られ、同時に汚染された世界で生きる事ができる人造人間を生み出したのである。この人造人間が風の谷のナウシカたちであり、彼女たちは浄化された世界では生きていけないとされている。

では何故人造人間がつくられたのかというと、実は地下に逃れた人類が、浄化された世界で生活するためには1000年以上がかかると言うことを知り、1000年後に浄化された世界に住まうために眠りに付こうと言う話になったのだ。そこで、世界が浄化された際に自分たちを起こす存在として人造人間を作ったらしい。

ちなみに人造人間たちが浄化された世界で生きていけないように作られたのは、目覚めた人類と人造人間とで戦争を起こさない為にそうされたらしい。しかしこの作戦は上手くいかず、都市伝説では結局すべての生物が死に絶えてしまうといわれている。

実は風の谷のナウシカの物語は、世界を浄化している「腐海」が人造人間たちにとって毒だと気づき、腐海を敵視し、世界で戦争を続けているという話なのだが、その後戦争に関わっていくにつれて、ナウシカたちは自分たちが人造人間であることや、地下にこもった人類たちの思惑を知り、それに抵抗したのである。

抵抗した、つまり世界を浄化し、人造人間たちを初めから殺そうとしていた人類たちを殺し、風の谷のナウシカたちは余生を過ごしたと都市伝説では言われている。

しかし世界の浄化は蟲たちによって続けられているため、結局最後には人造人間は全滅してしまい、物語は終ってしまうらしい。

しかしながらこの都市伝説は、ナウシカたち人造人間は正常な空気の下では生きられないという設定なのに、どうやって人類を目覚めさせるのか?という矛盾もあるため、本当かどうかは何とも言えないところである。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ