スカイツリーに隠された不思議な都市伝説まとめ

SnapCrab_NoName_2015-1-5_1-26-35_No-00

江戸時代に建設が予言されていた

スカイツリーは2012年に開業した電波塔だ。

1997年頃に新しい電波塔を作ろうということで東京タワーに変わる新しいタワーについて考えられるようになったのである。

しかしそんなスカイツリーが、実は江戸時代にはすでに存在が予言されていたという都市伝説がある。

というのも、江戸時代に残された浮世絵に、スカイツリーらしきものが描かれていたからだ。

江戸時代は浮世絵が大流行した時代で、歌川国芳という有名な浮世絵師がおり、彼が描いた「東都三ッ股の図」に当時には考えられない高い建造物があるのだ。

SnapCrab_NoName_2015-1-5_1-25-41_No-00

江戸時代には、江戸幕府が威厳を保つためにと江戸城よりも高い建造をしてはいけないといわれており、当時こういった建造物はあってはいけないものなのである。

そしてこの塔がスカイツリーかどうかという証明は他にもあった。

東都三ッ股の図は日本橋のあたりを描いており、浮世絵と同じ方向に見て写真を撮ると、浮世絵に描かれた塔と同じ位置にスカイツリーがあるのである。

つまり、歌川国芳という浮世絵師は江戸時代に既に建設を予知していたということになるのだ。

当時彼がどういった思いでこの絵を描いたのかはわかっていないため都市伝説の一つとなっているが、実は歌川国芳は自身の寿命も、彼自身が書いた他の浮世絵に予知していたといわれているのだ。

その浮世絵の傘に「千八百六十一番」と書かれており、これは歌川国芳の没年と一致するのである。こういったことから建設予知は単なる都市伝説ではないのではないように思える。

 

パワースポットを狙って建てられた

SnapCrab_NoName_2015-1-5_1-27-39_No-00

スカイツリーがあのように住宅密集地に建設されたのには、実は理由があった。レイライン、というものを知っているだろうか?

簡単に言えばパワースポットを点にして線を繋ぎ、直線上にあると縁起が良いといわれているのである。

これはイギリスにある風潮なのだが、実は日本にも存在しており、鹿島神宮、旧江戸城、富士山を繋いだ直線がそれにあたる。

そしてスカイツリーが新たにレイラインに加わったのである。

これは偶然ではなく、実はレイラインを強化し、あの辺り周辺にレイラインの力を満たそうという意図で立てられたのでは、と都市伝説では言われている。

また、スカイツリーが開業する前日には金環日食が話題になった事を覚えているだろうか?

この金環日食は日本にあるレイラインの直線上で起こったという観測がされていたのである。

こういったことからレイラインの存在は都市伝説とは言い難いのである。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ