くねくね都市伝説!絶対に見てはいけない恐怖の生物…

SnapCrab_NoName_2015-1-4_14-13-23_No-00

絶対に検索してはいけない!

都市伝説の中では、「インターネットで検索してはいけない」とまで言わしめるほど有名である。

くねくねは2000年あたりから囁かれ始めた都市伝説で、「くねくね」という名前の通りの姿かたちをした謎の存在である。

色は基本的に白であり、たまに黒いものも観測されるらしいが、白いもののほうが都市伝説では圧倒的に多い。

くねくねが見られる場所が田舎の田園や山の中、水辺が多いと言うこともあり、白いものの方が発見しやすいため目撃情報が多いのかもしれない。

また、一説では光り輝いているものもあるらしく、発光していたという目撃証言もあるらしい。ただ写真などの物的証拠がないため、都市伝説だとも言われている。

それから、田畑などで動いている姿はまさに「くねくね」としており、人によっては踊っているように見えることもあるらしい。

踊っているように見えるということは、手足のようなものがあるように見えているのだろうが、くねくねに手足があるかどうかというのは正確なところはわかっていない。

ちなみにくねくねはただ発見しただけでは特に害はなく、姿を見ただけでは何も影響はないらしい。

ただ、それ以上を知ってしまうと発狂すると言われており、長時間眺めていたり、近くで見つめたりすると精神崩壊や意識喪失、無気力になってしまうなどの症状が見られるらしい。

 

くねくねの正体

くねくねは都市伝説の中でもさまざまな考察がされており、その正体についてたくさんの都市伝説が存在している。

たとえば、未確認生物である、という説や、水辺でよく見る事ができるため、蜃気楼であるという説もある。

また、精神崩壊や発狂してしまうという観点から、この世のものではないのでは?という説があり、幽霊や精霊などの超常現象の一種で、人間の脳内で存在を処理できないために精神に異常をきたしてしまうのではないかと考えられている。

また逆に、精神異常をきたしているからくねくねが見えるのではないかという説もあり、もともと異常があった人が幻を見ているのでは?という説もある。

現実的な説だと、アルビノの蛇を見間違えたのでは、というものもある。

毒を持っている蛇は多いし、精神に異常をきたすのは蛇に噛まれて毒が入り込んだためではないかと考えると、筋が通っているように思える。

このように諸説あるが、証言はあっても目撃証拠は少ないため、未だ謎に包まれた存在と言うのは確かだろう。

ちなみに田舎の方ではかなり有名な存在であるため、都市伝説の中ではかなり遭遇率の高い存在と言えるだろう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ