ペコちゃん都市伝説!ミルキーの味に隠された恐怖の裏話…

SnapCrab_NoName_2014-12-30_13-58-33_No-00

「ママの味」の本当の意味

ミルキーはママの味、というフレーズを聞いたことがあるという人がほとんどだろう。

しかしこれにどういった意味が込められているのか、その本当のところを知る人は少ないのではないだろうか?

これはミルキーを製造しているお菓子メーカーである不二家のマスコットキャラクター、ペコちゃんにまつわる都市伝説だ。

まだ日本が戦争をしている頃のこと、とある女性は娘である女の子と二人で暮らしていた。

戦時中ということもあって食糧難が続いており、女性と女の子の二人暮らしということもあって生活はとても貧しいものだった。女の子は毎日「おなかがすいた」とこぼしており、母親はそれをとても気にしていた。

そしてとある日、とうとう女の子の空腹が限界だと悟った母親は、自分の腕を切り落として女の子に与えたのである。女の子は少し迷ったものの、空腹には勝てず母親の腕を食べたという。

そしてその後、母親の腕の味を忘れられなかった女の子によって母親は殺されてしまい、体を食べられてしまったという。この女の子がモデルとなって誕生したのが「ペコちゃん」なのである。

ペコちゃんが舌を出している特徴的な顔は、あまりの空腹から顔に血が付くのに構わず腕を食べ続けた際に付着した血をなめとっているからといわれている。

ミルキーがママの味と言われているのは、母親を食べたことで本当に「ママの味」を知ったからこそ言えるセリフなのである。

またペコちゃんが誕生したのは、この話を聞いた社長が、女の子が好きなだけケーキを食べることができる時代になってほしいという願いを込めているという都市伝説がある。

ちなみにだが、ペコちゃんが母親を殺してしまったという説のほかに、母親が自ら女の子に体を食べるようにと与え続けた結果、母親が亡くなってしまったという説もある。

その際、自分が死んだら残さず体を食べるようにと女の子に言いつけていたため、女の子は母親をすべて食べてしまったという。

結果は変わらなくても、女の子が自主的に母親を殺したかどうかというところでかなり印象が変わる都市伝説である。

社長がこの話を耳にして誕生したのがペコちゃんだとしたら、社長が耳にした話というのは後者の、母親が体を食べさせ続けたという説の方がしっくりくるだろう。

いずれにせよ悲しい都市伝説ということは間違いないだろう。

 

包み紙に隠された秘密

ミルキーの包み紙にはペコちゃんの絵がプリントされているが、包み紙にプリントされているペコちゃんの数が10個あればよいことが起きるという都市伝説は有名だろう。

他にも、包み紙にあるクローバーの中に四つ葉があればラッキー、いちご味のミルキーの包み紙にハートがプリントされていたらラッキーなど、ちょっと良いことがあるかも、という都市伝説は多い。

信憑性があるかどうかというより、単なる運任せといった都市伝説だが、ミルキーを買うことがあったら包み紙を確かめて見るのも良いのではないだろうか?

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ