合わせ鏡の恐ろしい都市伝説!絶対にマネしてはいけない…

SnapCrab_NoName_2014-12-30_12-23-54_No-00

都市伝説の一種である「合わせ鏡」とは、二枚の鏡を向い合せに設置し、自分の後姿なども見れるようにしてある状態のことである。

場所によっては姿見として、普通に合わせた状態で設置してあるのだが、これにも数々の恐ろしい都市伝説が存在している。

 

0時ちょうどにのぞくと…

深夜0時に合わせ鏡を作って覗き込むと、自分の未来の姿がうつるといわれている。

だがそこにうつる姿は自分の将来や未来の姿と言っても生きている時のものではなく、死んだときの顔がうつりこむという都市伝説もある。

ただ死後の顔がうつる都市伝説に関しては、うつっている姿を手前から数えて何番か奥にうつっている姿が死後の顔という説もある。だが明確に何番目にうつるかはわかっていない。

また、時間についても0時というのもあれば、深夜2時に覗き込むというのもある。

だがどちらが正しいということはなく、どちらの時間帯でも同じように良くないものがうつるというのは間違いないらしい。

 

4枚合わせると…

合わせ鏡といえば、思い浮かぶのは2枚合わせたものだが、4枚もつかった合わせ鏡に関する都市伝説も存在している。用意するものは4枚の鏡と、蝋燭を一本だ。

そして合わせ方だが、真上から見て一辺の長さが15センチの正方形を作るように、東西南北に合わせて鏡を立てなくてはいけない。そして深夜0時46分になったら、作った正方形の中心に、火のついた蝋燭を立てる。

火のついた蝋燭を立ててからは27分間火をつけっぱなしにする。そうすると、27分後、そこにとても恐ろしいものがうつるといわれている。

この合わせ鏡を試してみた人間は、あまりの恐怖に口をきけなくなってしまったり、両目を抉り出すなどの奇行に走ってしまうという。そして最後には、「見なければよかった」と呟いて亡くなってしまうらしい。

もともと鏡はそのままにしておくと縁起が悪いといわれており、その理由は二つ並べて向き合わせたその間に霊道ができてしまうからだという。

また、むき出しにしていると寝ている間に持ち主の生気を奪うという都市伝説もあり、いずれにせよ良くないものであるという噂は昔からあったのである。

ちなみに生気を吸われないためというのもあるが、昔から鏡をむき出しにしておくことは良くないといわれ、昼間はまだ良いが夜には布か何かを被せておくことで、悪いものを呼び寄せないといわれている。

ということで、今回説明したように4枚で行ってしまうと、霊道が二つ重なってしまうということになるため、二枚で行うよりももっと危険なことが起きると思われたのかもしれない。

 

風水的にもよくない

風水に詳しい人間によると、鏡というのは一枚でもかなりの影響力があり、良いものも悪いものも関係なく反射してしまうために、もし合わせてしまった場合、そこに存在する気というものが反射し合い、混じり合って妙な空間が生まれてしまうという。

当然ながら気を乱された空間というのは良くないため、十分に注意した方がよいらしい。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ