となりのトトロ都市伝説!狭山事件とメイとサツキの裏話

SnapCrab_NoName_2014-12-28_11-6-9_No-00

狭山事件とトトロの真相・・・

となりのトトロにはたくさんの都市伝説があるが、中でも「狭山事件」は有名な話である。まず狭山事件とはどんな事件かというと、1963年に埼玉県狭山市で起きた、強盗強姦殺人事件の通称である。

狭山事件では少女が犠牲者になっており、当時ニュースでも大きく取り上げられたとても痛ましい事件だった。

では、この狭山事件が一体どうしてとなりのトトロの都市伝説となったのかというと、となりのトトロの設定に狭山事件に関するものがいたるところに見つけられたからである。

まず、となりのトトロの舞台だが、埼玉県所沢市と言われている。埼玉県の人ならぴんときた人もいるのではないだろうか?実は所沢市の隣に位置しているのは、狭山市なのである。

つまり「となりのトトロ」とは、「狭山事件が起きた市の『となりの市』のトトロ」と考えられるのである。

宮崎監督はメッセージ性の強い作品を多く残しており、今作品でも例外ではなく、狭山事件のことを忘れないでほしいという思いを込めたのではないかと思われている。

また、狭山事件は5月に起きた事件なのだが、本作の主人公の名前が「メイ」と「サツキ」であり、どちらも「5月」にちなんでいることから狭山事件を示しているのではないかと言われているのである。

ちなみにこの都市伝説に対してジブリから否定の発表がされているが、その発表がされたのも5月であるため、さらに都市伝説を加速するに至っている。

 

メイとサツキは死んでいた!?

作中、メイとサツキが死んでいたという都市伝説がある。注意深く本編を見ていくとわかるのだが、彼女たち姉妹は後半になるにつれてなくなっていく描写がある。

それは、二人の「影」である。単純に書き忘れや描写忘れという証言もあるが、実はメイとサツキが死亡してしまったために影が消えたといわれている。ちなみに影が消えてしまっていることについては、ジブリの広報部も認めている。

また最後にお母さんにトウモロコシを届けるシーンだが、なぜメイとサツキは木の上から両親を見守るだけだったのだろうか?あそこまで行ったのなら会ってもいいのではないだろうか?と思った人も多いと思う。

これは都市伝説で言われている、二人の死亡が原因なのである。つまりメイとサツキは両親に会わなかったのではなく、「死んでしまったから」会えなかったのだ。

また、川に落ちたサンダルをサツキが「メイのじゃない」と言ったシーンを覚えているだろうか?メイのではないということは、メイは現時点でサンダルを両足ともはいていることになる。

しかしメイとサツキの再会シーンで、メイは片方のサンダルを履いていないのである。つまりメイは本当はあの時点で川に落ちて死んでおり、サツキもメイを探す道中で亡くなっていると考えられるのだ。

メイとサツキの再会シーンや後半に連れてなくなっていく影など、都市伝説を思い出しながらもう一度よく観察してみてほしい。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ