ファイナルファンタジーにまつわる恐怖の都市伝説

SnapCrab_NoName_2015-1-4_9-1-24_No-00

魔晄炉に隠されたメッセージ

ファイナルファンタジーといえば現在に至るまで多くのシリーズが発売されている大人気ゲームだ。その中でもファイナルファンタジー7に、恐ろしいメッセージが隠されているという都市伝説がある。

そのメッセージとは「原発」についてである。ファイナルファンタジー7は、「魔晄炉」によって生み出されたエネルギーをミッドガルの住人に供給することで成り立っている。

その供給している組織が「神羅」という機関である。

このミッドガルは、実は北欧神話における人間界であり、日本を指示しているらしい。神羅は東京電力をモチーフにしており、魔晄炉は原子炉を表しているという。

魔晄炉で汲みだすエネルギーは、星の命を削っているということで、結果としてその土地はどんどん鎖空気も汚染されていく。

つまり隠されたメッセージとは、「原子力を使って電気を精製することは、原発事故による放射能問題がある」ということだ。

ちなみに主人公のクラウドが精神崩壊してしまういわゆる魔晄中毒は、放射能によって汚染されてしまった人間を表しているという。

都市伝説として昔から有名だったが、東日本大震災によりさらに都市伝説が騒がれるようになった。

一説では17年前に福島第一原子力発電所の事故を予知していたのではないかとも言われており、これも都市伝説として有名である。

 

3のラストダンジョン

SnapCrab_NoName_2015-1-4_9-3-55_No-00

ファイナルファンタジー3のラストに登場するダンジョンは、その長さの割にセーブポイントが用意されていないことで有名である。

これについて一つ都市伝説があり、実はテストプレイしていた人間が「セーブがなくても簡単だ」と言ってしまったために、用意されるはずだったセーブポイントがなくなってしまったらしい。

都市伝説の中では有名な話だが、よりによってラストダンジョンに途中でセーブできないというのはなかなかに鬼畜仕様である。

 

エアリスを死なせない方法

SnapCrab_NoName_2015-1-4_9-4-31_No-00

ファイナルファンタジー7をプレイしたことがある人はわかるだろうが、ヒロインであるエアリスは、ストーリー上どう進んでも死んでしまうキャラクターであり、エアリスの死にトラウマを抱えている人も多いだろう。

だが実はエアリスを生かしておけると言う都市伝説があるのだ。

その方法は、「すいちゅうこきゅう」というマテリアをマスターすることである。

セフィロスから盗むことができるのだが、これによりエアリスは死なずに済むらしい。

だが果たして本当に起きる都市伝説なのかどうかはわかっていない。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ