スペースマウンテン都市伝説!幻のコースやお札など…

SnapCrab_NoName_2015-1-5_1-9-32_No-00

びっしりと張られたお札・・・

スペースマウンテンにまつわる都市伝説にはこんなものがある。スペースマウンテンのアトラクションの裏には、びっしりとお札が張られている、と。

スペースマウンテンはジェットコースターが真っ暗な中を走り抜けるアトラクションで、スリルが味わえるということで人気のあるアトラクションだ。だが暗く、スピードもでるということで事故も多かったのである。

ディズニーランドが開園したのは1983年で、それから7年の間に3度の事故があり、これらの事故で乗客二人が亡くなっている。

原因は脳出血と心臓発作という突発的なものであり、アトラクションそのものによる事故というより、制限の甘さが招いた事故ということでその場は収まった。

そして1990年までの3度の事故を経て、その後は事故は全くというほど起きなくなっていた。そしてここからが都市伝説である。

スペースマウンテンが不具合を起こして停止してしまった事があった。

事故というわけではなく機械の不調ということで、その時乗っていた乗客はスタッフに案内されて裏口から乗物から降りて出口へと向かったのだが、その際中、とある女性がふと天井を見上げた。

ちょうどトラブルの確認のために照明がついていたので見えたのだろう。天井に見つけたのは、びっしりと張られた無数のお札だった。

都市伝説では、事故が起きたのは霊による呪いだったため、お祓いをしたのだという。

しかし緊急停止などは滅多に起きないため、確認できたという証言が少ないため本当にスペースマウンテンにお札が張られているのかはわからない。

しかしディズニーランドにはこうした都市伝説があることは確かなようで、もしかしたら他のアトラクションにまつわる都市伝説かもしれない。

だが人気のアトラクションであるということは間違いないので、運が良ければ見る事ができるかもしれないだろう。

 

幻の左コース

スペースマウンテンには、実は重量オーバーの際にルートを変えるという都市伝説があり、それが「幻の左コース」である。

これはもともと、さらにスリルを味わえるように2本立てのコースを考えた際の名残といわれている。

では何故現在2本立てになっていないのかというと、実は試行運転の際、マネキンを乗せて運転したところ、戻ってきた乗り物のマネキンの首が全てもげてなくなっていたかららしい。

原因もわからず、これでは人を乗せることは不可能ということで、現在の一本のコースになったという。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ